トップページ沖縄発の県内旅行県内日帰りプラン>「赤瓦ちょーびん」と行く!豊年祭ツアーin名護市川上

沖縄からの国内旅行

plan_image

ツアーのポイント

  • 沖縄の芸能が10倍楽しめる!県下に三か所しかない貴重な「操り獅子」。御嶽とウガンジュの違いとは?年中行事と沖縄の神!谷茶前誕生物語!身近にありながらふれることが少なく、よくわからないことが多い沖縄の行事や芸能をちょーびん流に楽しく学べます。
  • plan_sub1
  • plan_sub1
  • plan_sub1

乗車地

出発地 集合場所 集合時間 出発時間
豊見城市発  沖縄ツーリスト 豊崎ビル駐車場 11:50 12:00
久茂地発  パレットくもじ ニッポンレンタカー前 12:15 12:25
新都心発  おもろまち駅前バス停 DFS側(330号線沿い) 12:30 12:40
浦添市発  陽明高校前バス停 宜野湾向き 12:40 12:50
宜野湾市発  宜野湾市役所前バス停 普天間向き 13:00 13:10
沖縄市発  中の町バス停 ゴヤ十字路向き 13:20 13:30

旅行のスケジュール

日付 スケジュール 食事
1日目 各地 → バスにて移動

恩納村博物館とおんなの駅(14:00頃/約60分)

恩納村の歴史や文化について展示した博物館。沖縄の村落と伝統芸能、行事のつながりがよくわかります。おんなの駅では恩納村の産物や軽食を楽しめます!

谷茶前(タンチャメー)の歌碑(15:00頃/約10分)

庶民の日常生活を歌った歌「谷茶前」の歌碑。ボタンをおすと歌と解説が流れます。

津嘉山酒造所と大兼久節の碑(16:00頃/約50分)

1928年(昭和3年)築造の貴重な酒造所。解体修理工事が行われ、往時の姿をとりもどした。「大兼久節」はこの地域の様子をうたったもの。

名護市営市場(17:00頃/約20分)

平成23年にオープンした名護市民の台所。精肉・精魚・野菜など沖縄の食生活、伝統文化に触れることができる。

ヒンプンガジュマルと名護親方の銅像(17:30頃/約25分)

名護のシンボルともいうべき樹齢300年あまりのガジュマル。『六諭演義』(りくゆえんぎ)という道徳書を沖縄に持ってきた、名護聖人と呼ばれる人の銅像。

川上の豊年祭 操り獅子(19:00頃/約2時間30分)

名護市川上区で行われる豊年祭。区民による伝統芸能が舞台で披露される。二頭の子獅子をひもで操る「あやつり獅子」は県下では三か所しかなく貴重なもの。
豊年祭とは…1年の作物の豊作への感謝をし、来年も作物がよくできるように祈るのが豊年祭。同時に村落(シマ)を守る祖先への感謝の気持ちも込められています。
バスにて移動 → 各ご乗車地へ
  • 朝:なし
  • 昼:なし
  • 夕:弁当

※1名参加のお客様はバス座席が相席となる場合がございます。

※お帰りは順次、沖縄市(22:30頃)〜豊見城市(24:00頃)に向けて集合場所へお送りいたします。

※集合場所以外での、バスの乗車・バスの下車はできませんので予めご了承ください。

※沖縄ツーリスト豊崎ビル駐車場のみ無料でご利用できます。

※交通機関の状況により、時間が多少異なる場合がございますので予めご了承ください。

※バス下車後、徒歩にて移動しますので歩きやすい靴でご参加ください。

※掲載写真はあくまでもイメージとなります。

出発日・旅行代金

出発日 大人・小人
(4〜11歳)
幼児
(0〜3歳)
9月23日(土) 7,480円 無料

※乳幼児のバス座席、食事はございません。

旅行条件

旅行日数 日帰り 最少催行人数 15名
出発地 沖縄県 目的地 沖縄県内
運送機関の種類 バス(東陽バス) 食事 夕食1回
添乗員 同行
旅行企画・実施 沖縄ツーリスト株式会社
旅行代金に
含まれるもの
  1. 旅行日程に明記された運送機関の運賃、料金、食事代、サービス料、旅行取扱料金及び消費税等の諸税、及び特に明記したその他の費用。これらの費用は、お客様の都合により一部利用されなくでも払戻しは致しません。
旅行代金に
含まれないもの
  1. 旅行日程に記載されていない交通費、食事代等の諸費用及び個人的性質の諸費用。
その他 上記スケジュールは2017年7月20日現在のものであり、バス等の交通機関の都合・天候・現地事情・道路状況等により、旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。

※旅行条件その他の項目は、こちらからご覧ください。旅行条件書