沖縄発の国内旅行関東エリア>新潟高田公園・赤城の桜と天井彫刻の世界3日

沖縄からの国内旅行

plan_image

ツアーのポイント

  • 圧巻!4,000本の高田公園と、芝桜と桜の共演が見事な赤城南面千本桜見学
  • 日本のミケランジェロ「石川雲蝶」の天井彫刻画鑑賞
  • あんずやスイセンなど信州のお花見学
  • 癒しの人形高橋まゆみ人形館見学
  • 料亭「宇喜世」での昼食を満喫
  • バラエティに富んだ食事をご用意
  • 宿泊は温泉2泊で湯ったりのんびり!
  • plan_sub1
  • plan_sub1
  • plan_sub1

旅行のスケジュール

日付 スケジュール(◎印は下車見学地 ○印は車窓見学) 食事
1日目 那覇空港発(7:35〜8:00)→飛行機にて移動→ 羽田空港着
バスにて移動 ◎赤城南面千本桜(ピンクに染まる桜のトンネルと芝桜の競演)→ 越後湯沢温泉へ
ホテルにて夕食
温泉 美人の湯として知られる温泉です 温泉
  • 朝:×
  • 昼:○
  • 夕:○
宿泊地:温泉 越後湯沢温泉(新潟県)
2日目 ホテルにて朝食 バスにて移動 → 十日町市へ

圧巻の彫刻◎赤城山・西福寺

日本のミケランジェロと称される巨匠・石川雲蝶の彫刻や絵画など、美の作品をご紹介します。
昼食は江戸時代から続く老舗料亭「宇喜世」にて
国登録有形文化財の佇まいの中お楽しみください

◎高田公園の桜

高田城のお堀に咲き誇る約4,000本の桜が見事です
→ 長野県飯山市へ

【癒し】素朴な味わい◎高橋まゆみ人形館

誰もが親しみを感じる温かい創作人形が皆様をお迎えします
→ 松代温泉へ ホテルにて夕食(バイキング)
温泉 温泉でゆっくりとおくつろぎください 温泉
  • 朝:○
  • 昼:○
  • 夕:○
宿泊地:温泉 松代温泉(長野県)
3日目 ホテルにて朝食 バスにて移動

〜信州の花めぐり〜

この時期の花の名所へご案内します。
(あんずの花・スイセン・桜など)
◎こんにゃくパーク(群馬県名物こんにゃくのバイキング試食と買物をお楽しみください)※昼食は各自お取りください
→ 羽田空港へ 羽田空港発 →飛行機にて移動→ 那覇空港着(19:55〜22:40)
  • 朝:○
  • 昼:×
  • 夕:×

※上記日程は、天候や航空スケジュール等の変更に伴い、多少変更となる場合がございます。

※桜の見頃:赤城南面千本桜、高田公園(4月上旬〜中旬)

※桜の開花状況によっては他の花の名所へ変更する場合もございます。

※掲載の写真は全てイメージです。

出発日・旅行代金

出発日 4名1室
(6〜11歳)
3名1室
(6〜11歳)
2名1室
(6〜11歳)
4月8・11日 85,800円
(80,800円)
87,800円
(82,800円)
89,800円
(84,800円)

★幼児旅行代金(3〜5歳)45,000円。食事・寝具が必要な場合は小人代金となります。

★1名1室ご利用の場合は上記2名1室旅行代金に17,000円の追加となります。

ご利用予定ホテル

日時 宿泊地 ご利用ホテル
1日目 越後湯沢温泉(新潟県) ナスパニューオータニ
2日目 松代温泉(長野県) ロイヤルホテル長野

●1・2日目:2〜4名/洋室または和室

旅行条件

旅行日数 3日間 最少催行人数 25名
出発地 沖縄(那覇空港) 目的地 群馬県・新潟県・長野県
運送機関の種類 往路:飛行機/復路:飛行機 食事 朝食2回・昼食2回・夕食2回
添乗員 同行(1日目 那覇空港から3日目 那覇空港まで)
航空会社 全日空または日本航空
利用バス会社 なの花交通または同等クラス
旅行代金に
含まれるもの
  1. 旅行日程に明示した航路(航空保険特別料金及び羽田空港施設利用料含む)、船舶、鉄道等利用交通機関の運賃、宿泊代、食事代、観光(バス料金、ガイド料金、入場料等)、税・サービス料
  2. 団体行動中の心付
  3. 当社添乗員の諸経費
    上記費用はお客様の都合により、一部利用されなくても、原則として払い戻しは致しません。
旅行代金に
含まれないもの
  1. コースに含まれない交通費、飲食代等の諸費用及びクリーニング代、電話料金等個人的性質の諸費用、それにともなう税・サービス料
  2. 超過手荷物料金
  3. ご希望者のみ参加されるオプショナルツアーの料金
  4. 天候事情等による運送機関などの運休で宿泊などが生じた場合の追加費用
その他 上記スケジュールは2019年1月11日現在のものであり、航空機・バス等の交通機関の都合・天候・現地事情・道路状況等により、旅程・見学箇所・訪問順序・食事内容が変更になる場合がございます。

※旅行条件その他の項目は、こちらからご覧ください。旅行条件書ご出発までの流れ